沿革history

1946年/(昭和21年)4月「並木 清作」が、化学薬品・試薬・工業薬品・食品添加物・機器・医療器具の販売を目的として 「並木清作商店」を創立
富山市南田町1丁目5番18号に事務所を置く
1950年/(昭和25年)4月「並木清作商店」を株式会社化し、「株式会社並木清作商店」を設立
資本金は30万円
1956年/(昭和31年)和光純薬工業の特約店となる
1966年/(昭和41年)和光純薬工業の代理店となる
1974年/(昭和49年)5月社名を「並木薬品株式会社」に変更、資本金を 120万円に増資
同時に、事務所を富山市南田町1丁目1番10号へ移転
代表取締役社長を「並木 四郎」就任
1976年/(昭和51年)4月資本金を 200万円に増資
1977年/(昭和52年)4月資本金を 280万円に増資
1979年/(昭和54年)4月資本金を 400万円に増資
10月資本金を 480万円に増資
1980年/(昭和55年)4月資本金を 660万円に増資
1984年/(昭和59年)4月資本金を 1,220万円に増資
1985年/(昭和60年)1月資本金を 2,500万円に増資
9月富山市問屋町3丁目1番33号に、社屋および倉庫を建築し移転
1986年/(昭和61年)9月本社の隣接地を購入し、駐車場として整備
1992年/(平成4年)6月代表取締役社長に「金子 宗徳」就任
2003年/(平成15年)12月代表取締役社長に「田村 勲」就任
2007年/(平成19年)10月理科研株式会社が資本参加し、理科研グループの一員となる
2008年/(平成20年)12月業務拡大のため社屋および倉庫を立て替え大幅増床する
2012年/(平成24年)4月代表取締役社長に「横地 勝美」就任
2017年/(平成29年)4月リカケンホールディングス株式会社が設立され、リカケンHDの一員となる
2019年/(令和元年)10月代表取締役社長に「森本 孝之」就任